スポークスパーソン

スポークスパーソン

スポークスパーソンとは、日本語に直訳すると「話をする人」。企業であれば、社内外とのコミュニケーション窓口である広報がスポークスパーソンにあたります。その他、記者発表会等で企業トップや開発責任者、マーケティング担当者などが話をする場合、これらの人もスポークスパーソンになることがあります。広報以外の社員が、特に社外に向けたスポークスパーソンとなる場合、事前にキーメッセージや想定問答集をしっかり理解してもらい、可能であればメディアトレーニングを受けてもらうなど、企業として一貫した情報発信ができるよう準備を整えたうえで務めてもらうようにします。


PR3.0(Public Relations)について考え、共創する

PR Table Communityは、PRのあり方をアップデートする——「PR3.0」を考えるための共創コミュニティです。オウンドメディアでの情報発信を定期的に行っているほか、さまざまなテーマのイベント・セミナーなどを開催しています。

 

日本初となるPRの大規模カンファレンスを開催!

2018年11月27日(火)@虎ノ門ヒルズにて、「PR3.0 Conference」を開催いたします。事前登録受付中。

PR Table Community