レピュテーションマネジメント

レピュテーションマネジメントとは(Reputation management)

レピュテーションマネジメントとは、企業の評判(=Reputation)やブランドイメージを維持・向上させるための管理活動のこと。パブリック・リレーションズ(PR)の観点からも、非常に重要な企業活動の一つです。レピュテーションマネジメントには、有事に対する危機管理(リスクマネジメント、クライシスマネジメント)の他、通常時のコミュニケーション活動も含まれます。

企業がさまざまな危機に直面したとき、社会からの評判を維持するため、もしくは失ってしまった信頼を回復するために、綿密なコミュニケーションの戦略が必要となります。

しかしレピュテーションマネジメントでは、そうした「守り」のPRだけではなく、普段からいかに自社のステークホルダーと良好な関係を構築できているかが重要になります。

 

>> back to TOP


PR3.0(Public Relations)について考え、共創する

PR Table Communityは、PRのあり方をアップデートする——「PR3.0」を考えるための共創コミュニティです。オウンドメディアでの情報発信を定期的に行っているほか、さまざまなテーマのイベント・セミナーなどを開催しています。

 

日本初となるPRの大規模カンファレンスを開催!

2018年11月27日(火)@虎ノ門ヒルズにて、「PR3.0 Conference」を開催いたします。事前登録受付中。

PR Table Community