インタビュー

インタビュー

広報におけるインタビューとは、主に記事掲載を目的としたメディアとの対話取材。企業が新製品やサービスを発表した際などに、企業トップや開発担当者、マーケティング担当者等が応じるケースが多いです。広報からメディア側にインタビューをしてもらえるよう働きかける場合と、メディア側からのリクエストに応じて行う場合の2つが考えられますが、どちらのケースにしても、広報による入念な事前準備が欠かせません。

インタビューを実施することになったときに気をつけるポイント

1)インタビュイー(インタビューを受ける人)適任者と場所を選定する

メディアの取材希望内容に応じて、企業トップか責任者、担当者か、はたまた広報のスタッフで対応するかを決定し、スケジュールを調整します。場所も、相手がTV等の映像メディアかどうか、写真撮影があるかどうかで、企業ロゴのある部屋、研究所、営業所など最適な「画」のあるところを選定します。

2)ブリーフィングシートを用意する

キーメッセージや訴求ポイントを事前インプットするために準備する参考資料、手引書としてブリーフィングシートを用意しておきます。企業のトップクラスは往々にして多忙なので、最重要部分を冒頭のA4/1枚にまとめるなど、なるべく簡潔にする工夫が必要です。

3)メディアトレーニングを実施する

インタビュイーがこれまでメディアの取材を受けたことがあるかどうか、また人前で話をすることが得意かどうかも合わせて確認します。TV等の映像メディアのインタビューを受ける場合は、事前にメディアトレーニングを受けることは必須と考えた方が良いでしょう。新聞・雑誌・WEB等の文字メディアの場合でも、時間に少しでも余裕があるのであれば、メディアトレーニングの受講を検討します。


PR3.0(Public Relations)について考え、共創する

PR Table Communityは、PRのあり方をアップデートする——「PR3.0」を考えるための共創コミュニティです。オウンドメディアでの情報発信を定期的に行っているほか、さまざまなテーマのイベント・セミナーなどを開催しています。

 

日本初となるPRの大規模カンファレンスを開催!

2018年11月27日(火)@虎ノ門ヒルズにて、「PR3.0 Conference」を開催いたします。事前登録受付中。

PR Table Community