ぶら下がり取材

ぶら下がり取材

ぶら下がり取材とは、記者会見や記者発表会の終了後、降壇する/退室する発表者を記者が追いかけて質問する取材スタイルのこと。質疑応答の場ではしにくい突っ込んだ質問をし、本音や裏話を引き出そうとするのが主な狙いです。記者会見や記者発表会を準備する際には、ぶら下がり取材を許可するかどうかを予め決定し、発表者にもその心づもりをしておいてもらうことが重要です。許可する・しないのどちらの場合でも、発表者の側には必ず広報担当者が付き添い、記者からの質問を記録します。さらに発表者の回答に不足があった場合には、広報担当者が補足をするなどフォローが必要です。


PR3.0(Public Relations)について考え、共創する

PR Table Communityは、PRのあり方をアップデートする——「PR3.0」を考えるための共創コミュニティです。オウンドメディアでの情報発信を定期的に行っているほか、さまざまなテーマのイベント・セミナーなどを開催しています。

 

日本初となるPRの大規模カンファレンスを開催!

2018年11月27日(火)@虎ノ門ヒルズにて、「PR3.0 Conference」を開催いたします。事前登録受付中。

PR Table Community