有価証券報告書

有価証券報告書とは

有価証券報告書とは、上場企業が事業年度終了ごとに開示する資料で、略して「有報」とも呼ばれます。上場企業は事業年度終了後、つまり決算日から3か月以内に内閣総理大臣へ提出することが義務付けられています。企業の概況、事業の状況、財務・経営の状況など、企業活動に関する多くの情報が盛り込まれている、いわば企業の成績表とも言うべき資料です。

「内閣総理大臣へ提出する」、とありますが、実際の提出先は財務局とその企業が上場している証券取引所となり、現在では金融庁が運用する「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム (Electronic Disclosure for Investors’ NETwork)
」、通称「EDINET」を通じて提出します。投資家のみならず、一般の人もこのEDINETで様々な企業の有価証券報告書を閲覧することができます。

 

>> back to TOP


PR3.0(Public Relations)について考え、共創する

PR Table Communityは、PRのあり方をアップデートする——「PR3.0」を考えるための共創コミュニティです。オウンドメディアでの情報発信を定期的に行っているほか、さまざまなテーマのイベント・セミナーなどを開催しています。

 

日本初となるPRの大規模カンファレンスを開催!

2018年11月27日(火)@虎ノ門ヒルズにて、「PR3.0 Conference」を開催いたします。事前登録受付中。

PR Table Community