posted by

これを買えば間違いない!PRマンのファッションアイテム【ジャケット編】

jacket
The following two tabs change content below.
大堀海

大堀海

PR Table 代表取締役 大堀海。読者モデルが働くカフェで広報・PRを経験。独立してフリーのPRパーソンとして活動したのち、兄とともに(株)PR Tableを創業した。
Pocket

オシャレでありたいと願うPRマンは多い。

しかし、いろいろな雑誌で情報収集して、「これだ!」というものを見つけるのは意外と大変…。そこで、今回は筆者的に、これを買えば間違いない!と言えるオシャレかつ機能的なファッションアイテム(ジャケット)をつらつら紹介したいと思う。

ジャケットにはいろんな形や生地、ルール、うんちくがある。これを一から語っているとやばいことになるので、ざっくりアメリカ型とイギリス型orイタリア型の2パターンに分けて説明しよう。

アメリカ型

(※簡単にご説明するためで、ジャケットの正式名称ではないのであしからず。形は物によって異なります。)

アメリカ型のジャケットは身幅がそれほどシェイプされておらず、ボックスシルエットで男っぽい無骨な印象を漂わせる。また、スリットが後ろの中央に一本通っているセンターベントと言われるタイプのものが多い。

そんなアメリカ型のジャケットの中でおすすめはまずこちら。

BEAMS PLUS  3ボタン ブレザー
BEAMS PLUS  3ボタン ブレザー 2
BEAMS PLUS / 3ボタン ブレザー
※BEAMS Online Shopへリンクします
ビームスプラスといえばコレ!というほどこのお店が押している商品。ボックスシルエットとはいっても昔のジャケットのようにブカブカで不格好になることはなく、細身の方が来てもサマになり、男らしさを印象づけられる。また、スラックス、デニム、チノパン、カーゴパンツとなんでも合っちゃう筆者的にかなりオススメのジャケットだ。

The Stylist Japan ホップサック2Bジャケット
The Stylist Japan ホップサック2Bジャケット 2
The Stylist Japan ホップサック2Bジャケット
※R&Coへリンクします

The Stylist Japanとはスタイリスト界の大御所、大久保篤志さんのブランドで、このジャケットはほぼ毎シーズンリリースしている定番商品。「ワークウェアとしてのセットアップスタイル」を提案するだけに、ほどよくゆったりしたボックスシルエットでありながら、着丈が短めで、カジュアルでも着やすいジャケット。また定番のホップサックと呼ばれる生地は頑丈で、よく動くPRマンでも長持ちすることは間違いなしだ。このジャケットとセットアップで着れるパンツもあるので、筆者的には、セットアップで購入するのを猛烈におすすめする。しっかりした地厚のボタンダウンシャツや、カジュアルなTシャツにラフに合わせたりするとかなりグッドだ!

イギリスorイタリア型

(※簡単にご説明するためで、ジャケットの正式名称ではないのであしからず。形は物によって異なります。)

イギリスorイタリア型のジャケットは全体的にシェイプされているものが多く、英国紳士のようなスタイリッシュな印象を漂わせる。また、スリットが右後ろ、左後ろに二本入っているサイドベンツと言われるタイプものが多い。

そんなイギリスorイタリア型でおすすめなジャケットはこちら

BEAMS F ビームスF    BEAMS F   3ボタンホップサックジャケット テーラードジャケット
BEAMS F / “COOLMAX”素材3ボタンジャケット
※BEAMS Online Shopへリンクします
ビームスFが毎シーズンリリースしているオリジナルのネイビージャケット。だんだん暑くなってくる頃なので、クールMaxの素材をチョイス。しっかりシェイプもされており、着丈も若干短めで、着てみるとすっと馴染む。ドレスな印象で、今っぽくジャケパンスタイルをやりたい方にこのジャケットはオススメだ。

ネイビージャケット   TOMORROWLAND トゥモローランド
TOMORROWLAND オリジナル ネイビージャケット
※TOMORROWLANDオフィシャルサイトへリンクします
TOMORROWLANDが毎シーズンリリースしているオリジナルのネイビージャケット。生地も毎年安定してしっかり作られている。TOMORROWLANDはドレスを得意としているので安心感抜群のジャケットだ。

いかがでしたでしょうか?ジャケットを買い替えるタイミングがあれば是非参考にしてください!

LP

Pocket