posted by

広報・PRの考え方は他の職種に応用できる! -次世代のPRパーソンが実践する新しい働き方とは!?イベントレポート(後編)-

clisk_event4
The following two tabs change content below.
大堀航

大堀航

PR Table 代表取締役社長。大手PR会社を経て、オンライン英会話サービスを提供する会社でPR・マーケティングを担当。2014年12月に(株)PR Tableを創業。
Pocket

クリスクさんが主催する大人気セミナー「クリスク飲んだくれセミナー」の第16回目として、2015年1月26日に開催された「次世代のPRパーソンが実践する新しい働き方とは!?」のイベントレポートの後編です。

クリスク飲んだくれセミナー 第16回
次世代のPRパーソンが実践する新しい働き方とは!?

前編:年収は意外と上がっていない!?

【スピーカー】
栗田朋一 氏
元ぐるなび広報で、「最強のPRイノベーターが教える 新しい広報の教科書」(朝日新聞出版)の著者 
参考記事: 結果を出すPRパーソンの“仕事の流儀” 他社が入り込めない強みを、ストーリーの根っこに置く 元ぐるなび 栗田朋一さん

徳田匡志 氏
元ミクシィ広報で、現在は超注目のスタートアップ、採用をビッグデータで可視化する「Talentio」を運営するハッチに勤務 
参考記事: 元ミクシィ広報の徳田氏、「Talentio」運営のハッチへ参加(THE BRIDGE)

【モデレーター】
大堀航
PR Table代表取締役社長

場所:株式会社Sansan

今役立っているスキルは?

大堀:これまで身につけてきたスキルで、今何が一番役立ってますか?

徳田:メディアとの話し方とかコミュニケーションの取り方とかは役立っているかなと思うんですけど、それよりも私が思っているのは、広報として培ってきた考え方っていろんな職種にも応用できるんじゃないかと思ってます。何かというと、第三者視点、客観的な視点というところがすごく大事だなと思っていて、営業や事業企画において参考になりますし、実際にその視点が活きているかなというふうに思っています。

大堀:栗田さんは?

栗田:ぐるなびで広報をしていて一番感じたのは、ぐるなびって多くの人が知ってるサービスではあると思うんですけども、じゃあ理解されているかっていうと決してそんなこともなかった。飲食店検索だけじゃなくて、トラベルサイト、ECとか、サーフ&スノーというスキー場検索サイト、ウェディングとかもやっていて、これらは業界の中でもどっちかっていうと小さな存在でした。

そういった小さな存在で、でもその広報・PRだけは大手に負けない成果を出すためにどうしたらいいのかってところを常に考えながら、ネタを掘り起こして、ストーリーを作って、記者やテレビのディレクターに話すというのを繰り返しやっていました。どんなストーリーで人の心が動くのかを徹底的に考え抜いてきたことが今の自分のノウハウとして活きてます。

とにかく楽しんで仕事をすることが大事

大堀:今日は若手広報担当者もいらっしゃっていて、20代、平成生まれの方もいらっしゃるんですけど、こうした新しい働き方はかなりサバイバルしていく能力が必要だと思っていて、僕が正社員で最初入った会社は朝まで働きまくって、血尿が出るくらい働いて(笑)っていう会社だったんですけど、若いうちどんな経験をしておくといいですかね?

栗田:本でも書いたのでが、とにかく今の仕事を楽しんでやってほしいということですね。楽しみながらやってほしいし、実際楽しくなくても傍からみたら楽しいんだろうなと思えるくらい、そんな表情でやってもらいたいなって思います。そうすると心から広報という仕事が楽しめるようになってくると思いますし、成果も出てくるんじゃないかなと思います。だからそこが第一歩なのかなと思いますね。

大堀:徳田さんはどうですか?

clisk_event3

徳田:楽しむことって確かに大事人生の一番長い時間が仕事なんで楽しまない仕事してもしゃあないとずっと思っています。あと、よくスタートアップの広報の方から相談を受けることがあるんですけど、プレスリースどう書けばいいですか? とか、社長が日経新聞とかテレビ出たいんですけどどうすればいいですか? っていう質問ばかりなんですよね。正直言って、そんなのどうでもいい、って言ったら誤解されるかもしれないですけど、広報はメディアさんだけを相手にするだけの仕事じゃないし、いろんなことができるので、もっと楽しく枠を広げて考えたらいいんじゃないかと。そういったことを心掛けてやるほうが楽しく仕事ができるんじゃないかと思ってますね。

広報・PRの人は事業作りにもどんどんチャレンジしてほしい

大堀:実際、今の栗田さん、徳田さんみたいな働き方は推奨できますか?

栗田:私の場合はすごく言えるかなと思っていて、やっぱり初めて起業する独立するってときにある程度リスクが伴ったりとか、やっぱりちょっと怖いなと思うところがあると思うんですけれども、毎月決まった給料が入ってきながら、自分のビジネスでは思い切ったチャレンジができるという意味ではいいんじゃないかなって思いますね。

大堀:徳田さんどうですか?

徳田:働き方とは少し違いますが、広報をずっとやってきた人は事業側に挑戦するっていうほうが、個人的には期待していますね。新たな領域にチャレンジする人が増えるのはいいと思います。

広報の人は、広報論とか広報術とかそういったところを極めていく人が多いんですよね。それはそれでおもしろいなと思うんですけど、事業作りのほうで、広報で得たものを生かして起業したり、チャレンジするほうがもっとおもしろいんじゃないかなと思います。

Pocket