posted by

そういえばPR会社の人って、どんな仕事しているんだろう?

what_is_pr_agency
The following two tabs change content below.
doberman

doberman

PR会社に勤める現役バリバリのPRパーソン。クライアントのため、メディアのため、日々現場を駆け回っている。時々熱く吠えることもある。
Pocket

なんてこと思っている人、実は多いのではないだろうか?

かく言う筆者もPR会社勤務なわけだが、よく「PR会社さんって普段どんなことしてるんですか?」「どんな風に動いてくれてるのか、目に見えないからわかり辛いですよね。」なーんていう皮肉交じりのことも言われたりしては毎晩枕を濡らしている。わたし、毎日一生懸命頑張ってるのに…!!

ということで、現場バリバリPRパーソンである筆者が、PR会社の業務を簡単に紹介するぞ。

代理店なので、クライアントと会っている。

PR会社=広報代理店である。そう、“代理店”なのだ。クライアントからお仕事をいただき、クライアントのために一生懸命尽くし、またお仕事をいただけるよう頑張るのだ。その点においては広告代理店と一緒だと思ってくれていい。ただPRパーソンは特化領域におけるプロフェッショナルなので、職人肌の人が多く、どちらかというとコンサルティング会社に近かったりもする。(実際に広報的なアドバイス・コンサルティングだけでお金をいただいていることも多々ある。)

プレスリリースの作成、メディアリストの作成・管理を代行している。

通常事業会社の広報が行っているプレスリリースの作成、メディアリストの作成・管理などもPR会社が代行して行っていることも多い。クライアントから「今度こんな商品発売するんですわ―。」と言われれば、その商品のプレスリリースを素早く正確に仕上げ、配信対象となるメディアを選定してリストを作成し、プレスリリースを配信する。それ以外にも、メディアに発信するニュースレター、ファクトブックといった資料・情報作成はなんでもPR会社の得意領域である。

とにかくメディアに会っている。

PR会社の人間はとにかくメディアに会いまくっている。なぜならクライントが求めるのはより多くの、より良いパブリシティの獲得。そのうえで必要なのは“メディアの気持ち”なのだ。だからPR会社の人間はメディアに会いに行く。ただ単に情報を届けるだけでなく、どうすれば情報を取り上げてもらえるか?どんな情報をメディアは求めているか?を日々考えまくっているのだ。

プレスイベントでけっこう仕切る。

メディアを対象にしたプレスイベントで、メディアを相手に一際大きい声で、かつ超低姿勢で接している人を見たことがないだろうか?そう、PR会社の人間である。普段は黒子な彼らも、この日ばかりは大きなステージで大勢のメディアを相手にがなったりするのである。(※がなり=ブリーフィングという意味)

最後に

PR会社は仕事が多くて帰りが遅い、というイメージを持たれているが、おおむねその通りである。なぜなら「頑張れば頑張るほど忙しくなって家に帰れなくなる。」というPRという業種による独特の特色があるからだ。もともとの業務量が多いうえ、頑張ってメディアからの取材を決めれば、取材の調整業務が発生し、自らも取材対応に行かねばならない。よって当然仕事が大幅に増える。でもPR会社の人間は職人気質である故、手を抜くことなんて出来ないし、なによりPRを愛している。だから辛くても平気っちゃ平気なのである。

PR会社のことを少しはわかっていただけただろうか? 願わくば、頑張り屋さんな彼らに、心の中でエールを送ってあげてほしい。

===
会社・団体のストーリーを<作成→蓄積→活用>できる、経営者・広報・人事担当者向けの無料サービス「PR Table

LP

Pocket