posted by

【新年度記念】 「PRってなに?」って思っている人、全員集合!

what_is_pr
The following two tabs change content below.
doberman

doberman

PR会社に勤める現役バリバリのPRパーソン。クライアントのため、メディアのため、日々現場を駆け回っている。時々熱く吠えることもある。
Pocket

新年度が始まり、新しいPRパーソンたちがたくさん誕生した。どんな強ぇPRパーソンに会えるか筆者もワクワクしてっぞ!新人PRパーソンのお前たちは期待だったり不安だったりで胸がドキドキしていることだろう。筆者にもそんな時があったなぁ。うんうん。

PRってなに?

若者盛りのお前たちは、異業種の方と合コンとかしちゃったりもするだろう。当然流れで仕事の話になり、こんな質問をされる。

異業種の方 「何の仕事をしてるの?」
お前たち 「PR会社で働いてるぜ!!」
異業種の方 「へー。なにそれ?広告代理店?」
お前たち 「えーと、PRっていうのは広告とは違ってですね、ゴニョゴニョ…」
異業種の方 「なんかよくわかんないけど大変そうだね。」
お前たち 「・・・・・・(くそっ!PRって一体なんなんだ!?)」

…悲しいがこれが現実だ。PRの重要性はここ数年でだいぶ浸透してきたが、PR会社を知らない人はまだまだ多い。てゆーか「PR=自己PRのPR」だと思っている人も結構いる。そしてその意味を知っている人たちですら、「PR会社=パブリシティを獲得するために頑張ってくれる人たち(通称:パブ屋)」だと思っている。(PR会社の人ですらそう思っている人は結構いる。)

そんな奴らははっきり言ってダサい。もう全然ダメ。100点満点中0点です。
「PR=パブリックリレーションズ」でしょうが!そしてパブリックリレーションズとは単なるパブリシティ獲得業務にあらずでしょうが!

企業・団体が社会やステークホルダーとより良い関係を構築する活動がPR(パブリックリレーションズ)であって、パブリシティ獲得はそのために最も有効な一手段なのである。これはPRパーソンにとって一番大事なことなので、体に染みつけておくように。

じゃあ戦略PRってなに?

PR業界を志望して飛び込んできたお前たちなら、「戦略PR」とか「空気づくり」という言葉は何度も耳にしただろう。戦略PRという言葉そのものが出てきたのはつい最近だが、これは、PRパーソンがとっくの昔から当たり前のように行ってきたことであると筆者は思っている。

ちなみに昨今のPR業界では、コンテンツマーケティングという概念が注目されており、「戦略PRは終わりました。」という記事が関係者をざわつかせたりした。
戦略PRの第一人者である藤田康人氏がこのような記事を書いたことで、疑問の声や反対意見が挙がったりもしているようだ。

だが、これからは戦略PRか?コンテンツマーケティングか?という議論が大事なのではない。どちらであっても、“ステークホルダーにとって有益な情報を発信する”ということが根幹にあることは何も変わらず、これこそが「PR=パブリックリレーションズ」ではないか!と筆者は思うのだ。

LP

Pocket