posted by

ライター目線から見る「ありがたいプレスリリース」

welcome_pressrelease
The following two tabs change content below.
八木彩香

八木彩香

1991年生まれ。東京都出身。駆け出し飛び出しフリーライター。現在はWeb媒体で記事を書いている。「死ぬ以外はだいたいすり傷」をモットーに様々なことにチャレンジ中。
Pocket

駆け出しフリーライターの私は、たまにプレスリリースからネタ探し! なんてこともしています。プレスリリースはかなりの量を送っていただいているのですが、正直、全てに目を通すことはできず、サラッと見てネタを拾っております…(せっかく送っていただいているのに申し訳ないです…)。

そこで今回はライターにとってありがたいプレスリリースとは何かを書かせていただきます。

まずプレスリリースが届いたメール全体を見ているとタイトルの最初に会社名が入っていることが多いです。しかし、それだとメールのタイトルは途中で切れてしまうことが多く、ザラッと見てスルーしてしまうということになってしまいがちです。最初に内容が明確に書いてある方がメールを開くきっかけは増えるのではと思います。

次にメールを開いた後ですが、当然「釣りタイトル」だと結構ショック…。逆に会社名がちょっと悪い印象で残ってしまいます…。

さて、実際に記事にしよう! と思ったときにありがたいのは、「過去の情報」「付加情報を検索しやすいワード」が入っていることです。過去の情報があれば情報の連動性が出て、統一したイメージができるので記事を構成しやすく、ありがたいです。また、記事のボリュームがほしいときに関連情報を検索しやすくなるようなヒントを散らばせておいてくれるとボリュームコントロールがきくのでありがたいですね。また「百聞は一見に如かず」ということで、添付画像が多いほうが伝わりやすく、伝えやすいです。そして欲を言うと、高画質の画像のほうが記事全体がキレイに仕上がるので嬉しいです…。

駆け出しフリーライターとしての意見でしたが、いかがでしょうか?
私もより良い情報を発信できるように日々奮闘していきます!

LP

Pocket