posted by

PR連載③ <プレスイベントの成功の秘訣は実施日程にあり?>

press_event3
The following two tabs change content below.
doberman

doberman

PR会社に勤める現役バリバリのPRパーソン。クライアントのため、メディアのため、日々現場を駆け回っている。時々熱く吠えることもある。
Pocket

前回に引き続き、プレスイベントに臨む心構えを語っていくぞ!

【第1回 オリエン編】 【第2回 企画立案(イベント内容)編】に引き続き、今回の記事では、メディアが取材をしやすいイベント実施日程の検討方法を紹介するぞ!

実施内容が決まったら、登壇者やゲストなどのスケジュールを抑えなければならない。
とはいえその都合だけに左右されてメディアが取材しにくい日程で実施してしまい、出席メディアが少ないと本末転倒。日程を検討するタイミングからPRパーソンがしっかりリードし、より高い効果を目指さなければならない。

プレスイベントってどのタイミングで行えばいいのか?

考え方のコツは「望ましい掲載日から逆算して実施日時を設定」することである。
TVであれば当日の夕方や夜、翌日の朝、新聞は翌日の朝刊、WEBは当日掲載、雑誌は1~2ヵ月後など、メディアのリードタイムから逆算してみよう。
例えば、望ましい掲載日が2014年1月8日であれば、前日7日午前中or午後早めに発表会を行えば、当日の夕方~朝までのTV、新聞の朝刊などの掲載がしやすくなる。(夕方のTV番組は、15時ごろまでには都内の会場を出発すれば当日のOAに間に合うと言われることが多い。)

 

望ましい掲載日っていつさ?

ちなみに筆者は望ましい掲載日って実際いつが望ましいの?って聞かれることが多々ある。
ここは意見が分かれる部分だと思うが、あくまで筆者的見解ではメディアは「掲載日と発売日が近ければ近いほど喜ぶ人々」だと思っている。
たとえば、TV露出を意識した場合、「明日(今日)から発売!」という名目があったほうがメディアは紹介しやすいだろう。
特に昨今のマーケティングではWEBでの反響がとても重要視されているので、発売日前後でのWEBメディア露出を狙ったイベント実施日設定も考慮したほうが賢明である。

 

何曜日に実施するとメディアは取材しやすいの?

結論から言うとベストなのは火曜日、水曜日、木曜日である。他の曜日を避けたほうが良い理由は以下の通り。

①金曜日:翌日が土曜日のため、平日と比べてTV番組が少なく紹介してもらえる番組枠が少ない、もしくはそもそもない可能性が高い。翌週の月曜日にOAされる可能性もまずないと思ったほうがいいだろう。(番組の企画として構成してもらっている場合は除く。)

②土曜日:金曜日と同様、翌日が日曜日のため番組の紹介枠が少ない。加えて土日はメディアも休日出勤になってしまうため、取材人員が少なく、稼働ができない可能性が高い。よほど大きいニュースでない限り、避けたほうが賢明である。

③日曜日:土曜日と同様、メディアの取材人員が少ないため、避けたほうが賢明。

④月曜日:一般的には避けたほうが賢明であると言われているが、筆者的には月曜日はオススメである。というのも、上記の理由からイベント実施日は火~木が人気となってしまうため、競合イベントが多い可能性がある。加えて土日明けは記者もネタが少ない状態らしく、情報を取り上げてくれる可能性が高くい穴場スポットといえる。
ただし、週刊誌や雑誌は月曜日に編集会議を行うことが多いらしいので要注意。またメディアからの問い合わせ&イベント準備・調整が土日に発生するので、担当者およびクライアント、関係各社の休日出勤を覚悟しておこう。これは努力では避けられない“絶対のやつ”である。

 

他に何に気を付ければいい?

加えて気を付かなければならないのは、イベント実施日近辺で大きいイベント・行事が行われるかどうかの確認である。たとえば、今年の成人式は1月13日(月)である。当然その日のニュースは成人式ネタでメディアは埋め尽くされる。

よって前日の1月12日、13日にプレスイベントを実施しようとしている人は、バカ!アホ!オタンコナス!ということである。(新成人のタレントを起用したプレスイベントであれば、芸能メディアが食いつくかもしれないが…)
他にも地域の大きいお祭りや記念日など、調べられる範囲で調べて、少しでも取材の確度を上げる努力をしよう。

今回はここまで!あくまで一般的な検討方法(一部筆者の独自見解があり)なので、例外があることはあしからず。

Pocket