posted by

知らなきゃ赤っ恥!「記者クラブ」ってなーに?

kisha_club
The following two tabs change content below.
doberman

doberman

PR会社に勤める現役バリバリのPRパーソン。クライアントのため、メディアのため、日々現場を駆け回っている。時々熱く吠えることもある。
Pocket

突然だけど、日々一生懸命PR業務に励んでいるみんなは当然、記者クラブくらい知ってるよねー!

えっ?記者クラブは知っているけど、システムとかは実はよくわからない!?

それは筆者的には、とてもマズイと思うぞ。うんうん。だからPR Tableをこっそり見て、今日から何食わぬ顔で、「当然知ってますけど」って感じで過ごそう!うんうん!

記者クラブとは、各役所や業界団体内に設置された取材の出先機関であり、主に全国紙、ブロック紙、産業経済紙、その担当の記者を中心に構成されている。

記者クラブの発表条件は、すべての情報公開に先立つことが大原則!
記者クラブに投函していない情報を、所属していないメディアが先に受け取ってしまうなんてことがあった日にゃあ、所属の記者がめちゃくちゃ怒ってクライアントに苦情の電話しちゃうから、絶対にNG!ダメったらダメ!!

基本的に記者クラブとのやり取りは、クライアントの広報がするものではあるけれど、PRのコンサルティングを任されている以上、知っていなきゃとっても恥ずかしい!

ということでひとまずは、よく出てくる”記者クラブワード”だけでも頭に入れておこう!

 

48時間ルールとは

①記者クラブへの発表申込みは、48時間前(土日、祝祭日は除く)までには行わなければならない。
②裏を返せば、申し込み後48時間は、申し込みした情報のテーマを新聞社は記事にできない。
③トップ人事、合併、大型提携については48時間ルールは適用されない。緊急案件として発表当日の申し込みとなる。

 

幹事社とは

①記者クラブにおける記者発表の連絡窓口となるメディアのこと。加盟各社の輪番制で毎月2、3社が担当している。
②発表の申し込みを受付担当から受け、日程調整、発表当日の進行や代表質問を行う。当該記者クラブの幹事社に回してもらう。
③幹事社といえど一人の記者。発表前は特定の記者に発表内容などは詳しくは話してはいけない。

ちなみに、記者クラブでの発表形態には、社長による記者会見、事業責任者がリリースを簡単に説明するレクチャー付資料配布、資料配布のみ、など3つの発表手法があるんだと。ふむ。

急にクライアントから「代理で資料を投函しておいてやー」なんてオーダーだってまったくないわけではないから、常にスタンバイしておこう!どんな記者クラブがあるか、ネットで調べてみるだけでも結構勉強になるぞ!

LP

Pocket