posted by

BtoC企業のPRについて外食ベンチャー視点で考えてみた

btoc_pr_restaurant_industry
The following two tabs change content below.
三上成文

三上成文

1980年、広島県出身。広告営業→外食ベンチャー広報・PR担当として部門の立ち上げ→2014.12より外食事業会社の立上げに参画。ゼロからのブランディング・PRに携わる。
Pocket

そもそもですが、「PR」って何でしょう??

パブリック・リレーションズ(英語:public relations、略称:PR)とは、個人ないし国家や企業その他の組織体で、持続的または、長期的な基礎に立ち、関係者、顧客または国民などに対して情報を伝播し、また情報や意見を受け入れること。自身に対して公的な信頼と理解を獲得しようとする目的で行われる宣伝活動または広報活動を含む概念で、ピーアールと主に呼ばれている。  ※ウィキペディアより引用

ちょっとわかりにくいですよね。

正直、PRってどんな仕事なんですか??と聞かれても一言でズバッと説明できないもどかしさをいつも感じています。

自分自身、PRを任されましたと言っても、何をしたら良いのか全く分からず、まず同じPRの仕事をしている人と会って話して徐々に徐々に手探りながら仕事内容を確立していきました。

我々は関東圏に28店舗、関西圏に44店舗展開している外食ベンチャーです。BtoC企業にとってPRとは、消費者(お客様)に興味関心を持っていただくこと。

今でも色々な企業のPRの方とお会いする機会があるのですが、同じPRという職種でも、実際の仕事内容やミッションはそれぞれの企業やビジネスモデルによってまったく違います。

それも踏まえてざっくりまとめると、PR ≒ 外部に対して情報を発信する事 ←ざっくりすぎる??でしょうか。。具体的に何をやっているかは後々書かせて頂ければと。。

じゃあ、PRの目的って何なの??

私は、弊社が関東圏で本格的に展開していく上で、会社の名前もお店の名前も殆ど知られていない状態から、認知度を高めつつ、かつ「おもてなしブランドNo.1」「ベンチャー企業」「面白い事をやっている企業」という企業ブランドを創ることをミッションとして動いてきました。

でも時々ふと気付くと、とにかくメディアに取り上げられることばかりに集中してしまっていました。

プレスリリース書いて、発信して、◯◯に取り上げられました!でも実際はこれで完結しないのです。◯◯に取り上げられたことで、お客様数が増えました!とか、売上げがUPしました!とか、HPへのアクセス数が伸びました!など、これらの結果が目的達成に繋がる。

この流れをしっかりと理解する必要があります。露出獲得はあくまでも「手段」であり、その先の目的をしっかりと見ないといけません。これからPRの仕事に携わる方、今現在携わり始めた方は、まずはPR活動の目的の明確化が重要かと思われます。

その後に、目的を達成する為の手段をピックアップしていけばやるべき事が具体的になるのではないでしょうか。

次回は「PR部門を立ち上げる」について書かせて頂きます。

Pocket