posted by

知ってた?広告代理店にもPR専門部隊がいる件について

ad_agencies_have_a_pr_function
The following two tabs change content below.
doberman

doberman

PR会社に勤める現役バリバリのPRパーソン。クライアントのため、メディアのため、日々現場を駆け回っている。時々熱く吠えることもある。
Pocket

ベンチャー・スタートアップ企業の皆様にとっては、「広告代理店にPR専門部隊がある」というのはあまり知られていない事実のようだ。

だが別に今に始まった話ではなく、iPR局、PR戦略局、戦略PR部…名称は様々だが、大手の代理店にはPR専門部隊が昔から存在する。広告代理店はなにも広告だけ売買しているのではなく、クライアントのオーダーに応えるために色々頑張っているということだ。

ちなみにGQマンオブザイヤー2014に選出された博報堂ケトルの嶋浩一郎氏や、ビューティフル・社畜・ライフ・コンサルタントの中川淳一郎氏は、かつては博報堂のコーポレート・コミュニケーション局(現在のPR戦略局)にいたことがある。

実は筆者も、以前広告代理店のPR部門に在籍していた。広告代理店PR部門とPR会社、両方経験したからこそ感じる、広告代理店PR部門とPR会社の違いを紹介するぞ。

パブリシティに限らないPR手法をたくさん知っている人たち

PR=パブリシティではない、というのは散々言われて耳タコだと思うのであえて詳しくは説明しない。広告代理店のPR部門とはこのことを誰よりも理解し、それを商売道具にしている人たちだとイメージしてもらいたい。

クライアントからのオーダーが「PRがやりたい!」「PR発想でなんとかして!」とういことであれば、広告代理店の営業からPR専門部隊に要請がかかる。その際に彼らから出てくる提案がパブリシティとは限らない。(直接PR会社に声が掛かることもある。)

PR会社と何が違うかって?

広義の意味では何も違わない。双方ともPRを生業として一生懸命頑張る人たちだ。メディアをはじめとしたステークホルダーのことを考える“PR発想”を武器に、日夜業務に取り組んでいる。

ただ狭義の意味では結構違う。主に担当する業務が、それぞれ「広告代理店PR部門=戦略立案」「PR会社=実行部隊」と分かれるからだ。このように、広告代理店PR部門は戦略立案がメイン業務で、実行部隊としてメディアへのアプローチを行うことはあまりない。よってPRプランの実行フェーズは、PR会社にお願いすることが多い。

つまり、PR会社にとって広告代理店も大事なビジネス商流なのだ。いつも大変お世話になっております。

ちなみにPR会社が広報部とのお付き合いがほとんどになるのに対し、彼らは宣伝部や事業部とのお付き合いが多い。やり取りする部署が異なれば、当然考えなきゃいけないことも大きく異なる。ここに両者のビジネスに対する考え方の違いがあると筆者は思っている。

戦略担当と実行担当が別々って意味わかんないんですけど

ベンチャー・スタートアップ企業の方にはいまいちピンとこないと思うが、この両者の間ではそういうことも多々あるのである。(もちろん広告代理店が全く実行フェーズに関わらないということではないし、PR会社が戦略立案に関わることもある。)

色々な人からよく聞かれるので、この場を借りてお答えするが、ここでトラブルが発生して無駄な手間がかかることが非常に多い。筆者は広告代理店PR部門の人からはPR会社の愚痴を聞かされ、PR会社の人からは広告代理店PR部門の愚痴を聞かされる。この際ハッキリ言わせていただきます。マジで無駄だから今すぐやめれ!!!!!(仕事の質を高めるための議論はオッケーよ)

◆それぞれの言い分◆

広告代理店PR部門:俺らが頑張って考えた戦略・企画にケチばっかつけやがって。金払ってるんだからツベコベ言わずに手足動かして成果出せやボケ。

PR会社:大した戦略・企画考えてないくせに面倒ばっか押しつけやがって。現場のこと何もわからないくせに。戦略PRだっけ?ウケるwww

…どちらの気持ちもよく理解できる。どちらの言い分も、その立場では正論だ。でもね…

そんなことはどぉーでもいいんだよぉぉぉ!!!

どっちもそれぞれの立場で一生懸命頑張ってるんだよぉぉぉぉ!
愚痴ばっか言って、頑張ってる人たちの足を引っ張るんじゃねぇよぉぉぉぉぉ!!!

ケースによって最適なパートナーを見極めよう

ベンチャー・スタートアップ企業の皆様には、このくだらない争いに足を引っ張られることなく、この両者を上手く使い分けていただきたいと思っている。「パブリシティだけでなく広告や店頭プロモーションなど包括的なコミュニケ―ション戦略を考えてほしい!」という場合は、広告代理店のPR部門の知恵を借りればPR発想でコーディネートしてくれるだろうし、「戦略・企画はある程度決まっているから、あとは高い実施能力が欲しい!」という場合には、直接PR会社に声を掛けるといいだろう。しかし、、、

◆どっちも頑張る人が偉い時代、到来

PR会社の人も良い戦略・企画を練れる人が増えたし、広告代理店PR部門の人もメディアとのリレーションを構築できている。いや、昔もやる人はやっていたと思うけど、最近はそれが顕著に増えてきていてる。そのように能力の高い人は会社を離れて個人で活動していたりもするので、フリーランスに直接声を掛けるのもいいだろう。

どっちかを頑張っているだけでも十分立派だけど、どっちも頑張る奴のほうがより重宝される。PRパーソンたるもの、所属している会社の方針に捉われることなく、自分のスキルに磨きをかけ続けるべしなのだ。

LP

Pocket