posted by

グラニ・坪井安奈さんは「OLタレント」として、どのように社名と自分の名前を広めているか

A001_C099_0225F0
The following two tabs change content below.
市來孝人 / Takato Ichiki

市來孝人 / Takato Ichiki

PR会社勤務を経てラジオDJとして活動開始。福岡のローカルFM・COMI×TEN「福岡移住計画ラジオ」、XFM(シンガポール)の日本語ラジオ番組「FM 96.3 SMILE WAVE」に出演中。東京を拠点に、司会・ナレーター・ライターとしても活動。PR会社での経験を活かし、クライアントの伝えたいことと聞き手が面白いと思うことの両面を理解して伝えることがモットー。 また、PRプランナーとしてタレント・作家・企業トップなど「個人の魅力を世の中に広めていく」サポートを行っている。
Pocket

ソーシャルゲームの開発を手がける株式会社グラニに勤務しながら、タレントとしての顔を持つ坪井安奈さん。「OLタレント」という肩書きを作り、会社員としても、タレントとしても活動の幅を広げています。

表に出ることで、会社名も、自分の名前も広めていく。そんな働き方はこれからますます増えていくのではないでしょうか? 今回は坪井さんが何故「OLタレント」として活動するようになったか、そして実際にどのような仕事をしているのか、前編・後編に渡ってロングインタビューをお届けします。

前編:「OLタレント」グラニ・坪井安奈さんが、会社員とタレントの2つの顔を持つ理由

後編では、坪井さんの「OL」「タレント」両面での仕事内容と、その両立についてうかがいます。

A001_C099_0225F0

2015年3月13日より、ソーシャルゲーム『神獄のヴァルハラゲート』TVCMにも出演中

「業界誌」編集長として、ゲーム業界の盛り上げに貢献。

-グラニに入社後、ゲーム・アプリ業界誌「Grand Style」の編集長として活躍されていますが、元々は「Grani Style」という、自社のPR誌という意味合いが強かったですよね。自社のPR誌から業界誌へ、拡大の構想は元からあったのでしょうか。

そうですね、元々このような構想がありました。ただ創刊時に「グラニが業界誌を作ります」と言っても、まだ当時は今よりももっと社名も認知されていませんでしたし、「出版社でもないのに雑誌を作る」ということを疑問に思われることも多いと思ったので、まずは自社のPR誌として発行し「グラニはこういうことも出来ます」ということを知ってもらい、反響を見ながら拡大していこうという狙いでした。すると2号目では取材にご協力頂ける会社が13社集まり、手応えを感じ3号目は満を持して「業界誌」として発行しました。

この業界は、「イケイケな業界」「とにかく忙しそう」「キラキラ女子推し」「オタクが多そう」…など、漠然としたイメージが様々に点在していて、外から見ていても業界のイメージが見えづらいことが勿体ないと思っていました。でも、これらすべてを含めて、この業界の「らしさ」だと思うんです。漠然としたイメージを少しでも具体的なものに変えていく為に、「社員」や「社風」に特化するという方針を打ち出しています。

まだそんなに知られていない会社を知ってもらったり、普段の業務上でなかなか見えてこないその人の面白さを表現してもらったりして、社員の方のモチベーションも上がるような機会になればと願っています。そういった目的があるので、販売などはせず、利益を追求する媒体にはしていません。もちろん各社様、普段は競合同士にもなりますが、協力出来るところは協力して業界全体が盛り上がっていくきっかけにしていきたいです。

tsuboi_anna6

tsuboi_anna7

「Grand Style」最新号誌面より

-誌面での企画も、ファッションやランチ事情まで幅広くて、会社や業界を知らない人でも楽しめますよね。前編でも幼少期の芸能人への憧れや、大学時代の様々な活動について伺いましたが、坪井さんの「様々なことに興味を持てる」からこそのバランス感覚が発揮されているような気がします!

ありがとうございます。「入り口は広く、奥は深い」というのが理想です。最初からこの業界に興味を持ってもらいたい!というスタンスではなく、いつの間にかその業界に興味を持っていた、という自然なきっかけになれば良いですね。

-社内にはコーポレート広報の方が別にいらして、坪井さんはこの業界誌の編集長という業務に専念されていますが、自社や業界をPRしていくにあたって「紙媒体」の持つ価値についてはどのようにお考えですか?

一番は「レア感」だと思っています。部数や誌面の枠が限られているからこそ、その中に載ることが出来た!という嬉しさってあると思うんです。私も小学館時代に「自分の企画が載った!」などと、その喜びを体感してきました。誌面に掲載されたという「レア感」を、出て頂いた方が嬉しく感じ、周りに教えてもらえるような、そんな媒体になれたらと思っています。また形に残りますから、打合せなどでもその場でお渡しして、手に取ってもらえることも大きいです。

-ゲーム業界での自社名の認知や、外から見た業界の認知は上がりましたか?

お陰様で、ゲーム業界での自社名や雑誌自体は多くの方に知って頂けるようになりました。初対面の方に雑誌を作っていると話したら「あ、グラスタ?」と言ってもらえることも多くて。「Grani Style」の略称「グラスタ」という略称も予想以上に浸透していたので、業界誌としてグレードアップする際も「グラスタ」の略称は残そうと「Grand Style」という名前にしました。「グラスタ」をきっかけにリアルな場所で各社が交流できたり、盛り上がれる場所を作ろうと、4月には「麻雀グラスタ杯」も開催予定です!

業界内での役割は少しずつ果たせている手応えがあるのですが、業界外の人に知ってもらうのはこれからの課題ですね。今後は就職イベントや各大学への設置なども積極的に実施する予定です。

マラソン出場から映画出演まで、多彩なタレント活動。

-タレント活動でも、社名は必ず出しているんですか?

実は、必ず全ての活動で社名まで出しているわけではないです。本当に寛大な会社だなと思っているのですが、私の名前を検索したら必ずグラニという社名にも辿り着くから、必ずしも出さなくてもいいよと。

-タレント活動は、まずは一年間やってみていかがでしたか。

グラビア、バラエティ番組出演、ラジオ出演、ニコニコ生放送の司会、ファッション誌への登場など、様々なことにチャレンジしてきましたが、正直に言うと、もっとやりたかったことはいっぱいあります。ただ、理想ほどは出来なかったけれど、最低限以上の進歩にはなっているかなとは思いますね。本当に色んな機会に恵まれて、様々な経験をさせてもらったので。

tsuboi_anna8

2015年は東京マラソンにも挑戦

-印象に残った現場は。

週刊プレイボーイでのグラビアと、映画出演ですね。グラビアは、自分がやるなんて夢にも思っていなかったので、ずっと忘れない思い出になっています。自分が水着になって不特定多数の人に見てもらうという経験なんて一生にやるかやらないかという貴重な機会ですし、一生に一度、やったならそのあと何かしらの動きや反響はあるはず!とチャレンジすることにしました。

最近では東京マラソンに出場し、無事完走しました。「自分の限界を知ってみるといいよ」と薦められたのですが、私も会社を辞めてOLタレントになったのはいわば自分の可能性を信じて辞めたわけじゃないですか。その時の感情を忘れずに、限界まで可能性にチャレンジするという意気込みで出場を決めました。途中で足を傷めてしまい、目標のタイムは切れなかったのですが、完走できてホッとしています。

-映画は3月21日から全国公開だそうですね。

三原光尋監督が手がけた「あしたになれば。」という映画です。大阪の南河内という地域が舞台の物語で、そこで高校生がご当地グルメを作ってコンテストに出ながら、甘酸っぱい恋も展開されていくというお話で、そのご当地グルメコンテストの司会役で出演しています。
2月14日に大阪で先行公開され、舞台挨拶でも司会を担当させて頂きました。やっぱりエンドロールに、みんなで一つの作品を作った中の一員として載っているのは、嬉しかったです。

撮影で印象に残ったことは、自分が映っていない時にも自分の演技ってすごく大事になるということですね。高校生達が出場するコンテストの司会役ですから、映っていなくても自分の台詞でスタートするカットもあるので、これは迷惑かけられないなと。その緊張感は想像を超えるもので、良い経験でしたね。

-映画出演、社内でも喜んでくれたんじゃないですか?

皆、喜んでくれました!社内チャットがあって、そこで報告をしたら、みんなが「おめでとう!」とか、スタンプで「パチパチ」と送ってくれたり、嬉しかったですね。

-タレントとしては今年、どんな活動をしていきたいですか。

一番やりたいのはドラマです。昔から、シンプルに「明日も頑張ろう」と思えるような「女性が頑張っている」ドラマや「美味しい食べ物」が出てくるドラマが大好きで、今度は自分が、観ている方に「頑張ろう」と思ってもらえるような存在になれるように頑張りたいです。

自分自身がコンテンツとして発信出来る時代…OLとタレントの両立で感じたこと。

-さらに最近では自社が開発したソーシャルゲームのCMにも出演しているとのことで、これはまさに「OLタレント」という働き方を体現している仕事ですよね。

はい、「GREE」上で提供しているソーシャルゲーム『神獄のヴァルハラゲート』のTVCMに出演しています。自分が働いている会社のゲームのCMなので、普段社員がどんな想いでゲームを作っているかという現場を常に見ているんですよ。だからこそゲームの魅力を伝えたい!という強い気持ちで臨みました。

-最後に、会社員とタレントのパラレルキャリアを実践している中で、「キャリア」について思うところがあれば教えて頂けますか。

仕事はもちろんお金を稼いで生きていくためのものですけど、自分の人生をより豊かにしてくれる、彩りを与えてくれるものだとも思っています。今の時代は、一つの色にしか染まれないのかといえば決してそうではないはずです。途中で色を変えたくなったり、色を足したくなったら、チャレンジしてみても良いと思うし、そうして混ざり合った最終的な色が自分自身の色なんだと思います。

もちろん全てのやりたいことを実現することは不可能ですが、自分の努力で実現出来ることって実は結構あると思います。動き方次第で会いたい人にも会えたりするし、やりたいことを言っていれば協力してくれる人も必ず出てきますから、恥ずかしがらずに、努力してみたり言ってみたりすると良いんじゃないかなと思います。

特に今は自分自身がメディアになれる、自分自身がコンテンツとして発信出来る時代ですから、会社の仕事もありながらも、自分のやりたいことも、それぞれ分けるのではなく、両立して双方にとって良い形で出来ると思います。「OLタレント」が一般の固有名詞として、さらに将来的には職種として募集しているくらい、定着していけば嬉しいです!

tsuboi_anna4

 
-社名と自らの名前、双方を知ってもらう活動を、手探りながらも両立すべく実践してきた坪井さん。今年は「OLタレント」2年目を迎え、早速東京マラソン出場や映画出演・TVCM出演など、活動の幅が広がりそうな予感。これからも「OLタレント」としての坪井さんに、数々の経歴が加わることを楽しみにしています!

 
坪井安奈さんの最新情報はこちらでチェック!
公式ブログ
お仕事の依頼
Twitter:@anchuuuuuuu
Instagram

LP

Pocket