posted by

結果を出すPRパーソンの“仕事の流儀” できる理由から始めよう! ビズリーチ 田澤玲子さん<後編>

bizreach_tazawa_ogp2
The following two tabs change content below.
chihuahua

chihuahua

大手PR会社、マーケティングPRを得意とする外資のPR会社を経て、現在は事業会社で広報をしているPRパーソン。
Pocket

前編はこちら

田澤玲子さん プロフィール
2000年に大学卒業後、外資系広告代理店のPR部門に入社し、外資系企業を中心に担当。2005年、世界最大の婚活サイト「マッチ・ドットコム」(本社:米国)日本上陸の際のマーケティングマネジャーとして、日本のメディアにネット婚活を広め、日本に婚活ブームの先駆けをつくる。
事業会社を経て、2009年よりインターネット事業を運営する株式会社ビズリーチに入社し、広報マネージャーを務め、管理職・グローバル人材に特化した会員制転職サイト「ビズリーチ」や20代のためのレコメンド型転職サイト「careertrek(キャリアトレック)」ソーシャル暗記帳アプリ「zuknow(ズノウ)」などを担当。2010年より2013年まで、ビズリーチから分社化してセレクト・アウトレット型ECサイト「LUXA(ルクサ)」を運営する株式会社ルクサの広報担当を兼任。

社内の取り組みはむしろ発信しやすい、いいところ探しを習慣化する

-先日、ビズリーチさんの会社に「海」ができましたよね。WBSで取り上げられているのを拝見しました。あの広報の裏側を教えていただけますか?

bizreach_tazawa_3

打ち合わせや説明会などを行うためのスペースに、バーチャルの海を作りました。そのお披露目の日、メディア懇親会をその場所で行い、多くのメディアの方に海を体感いただきました。その1週間後に、月に1度開催している社員の懇親会「ピザパーティ」があったので、またメディアにお声がけし、取材につながりました。この海は、情報共有の促進とアイデアを生み出しやすい環境づくりが目的だったので、社員が部署を越えて交流する舞台として取材されました。ニュースバリューはお披露目のときの1度しかないと思いがちですが、取材していただけそうな舞台があれば、私たちは、手を変え品を変え、何度でもメディアにご提案しています。

参考記事:東京都・渋谷駅徒歩4分のオフィスに海を作った「ビズリーチ」の目的とは!?/マイナビニュース

-社内の取り組みを広報していくのは難しいという声を聞くことが多いですが、難しくないですか?

当社のように目に見える商品がない企業や、BtoBの企業さん、新サービスが少ない企業さんは、それに比べるとやりやすいのではないかと。社内の取り組みやカルチャーはすでにもうあるものですので。

その取り組みやカルチャーをひも解いてみると、例えば、「社員のコミュニケーション促進」などのキーワードが出てきます。次に、そのテーマが今メディアでどう取り上げられているかを調べてみる。すると、メディアの関心ポイントや取り上げていただけそうなコーナーが見えてきます。そして、このテーマに当社を当てはめて舞台を作るとしたらどうかな、と考えてみる。そんな風に、自分たちの中だけで考えずに、メディアの視点を調べています。

-社内にネタがないという人もいますよね。

「うちの会社って全然新しいものがないんです」「全然いいところがないんです」と言われる方がたまにいらっしゃいますが、「まずは探してみましょう!」とお伝えしています。それが広報担当者の役目ですよね。私のモットーは「広報は、みんなのチアリーダー」です。仕事だけでなく、目が開いている間はいつでもどこでも、面白いこと、いいところ、楽しいことを探し続けています。

-そういう田澤さんの前向きなところ、素敵です!ちなみに、それは、もともとの田澤さんの性格ですか?

PR会社に在籍していたときに、今までの生活では接していなかったものや、どちらかというと苦手なものがクライアントになってしまったことがありました。でも、その会社のPRをしないといけない。それで、その企業のいいところをものすごく探したんですよ。

いいところばかりに目を向けられないという人へ、今日からできることとして、私はFacebookで、今日楽しかったことやうれしかったことを1日の終わりに記録しています。ここ2年くらい毎日やっています。それを習慣にすると、今日の良かったこと探しをするようになるので、オススメです。

「できる理由から始める」 大変な中でもみんなで笑ってみると、物事が前に進む

-会社のステージや課題に合わせて広報していきたいことも変わってきていると思いますが、現在はどんなことが主なテーマですか?

最初は、ビズリーチを知ってもらい会員様を増やすことに注力していました。その後、利用してくださる企業様を開拓していくフェイズになりました。今は、「ダイレクトリクルーティング」という、企業が様々なツールを使って主体的に採用をしていくという採用の考え方を日本に広めることに取り組んでいます。そして、ビズリーチが、その第一人者になれたらと。

-考え方を広めるのは大変ですね。

無形ですからね。一番大事なのは、実際に利用された方の体験談です。どのPRでも同じだと思うのですが、皆さんが知りたいことは単に商品やサービスではなく、その結果どんないいことがあるのか、人生がどう変わったのか、だと思うので。ビズリーチを利用して採用成功した企業様について社内でヒアリングし、その企業様に取材させていただいて、メディアに提案する。地道ですが、一つひとつ積み上げています。

-それもトレンドに乗せて?

最近ですと、地方創生が注目のテーマなので、地方企業の事例を提案しました。他にも、女性活躍推進企業、グローバル人材を積極的に採用している企業など、その時々のトレンドに合わせてサーファーのように波に乗っています。

-広報の中長期の方針についてはどのように立てているんですか?

週に1度事業長と話をしています。ただ、当社の場合、事業が急拡大しているため、非常に変化のスピードが激しく、3か月前に経営陣が「ここに注力したい」と言っていたことが3か月後には変わっていたり、やってみたら違ったので方向転換するということもありますので、短期のスパンで修正していくよう、こまめにPDCAを回しています。

-事業部のやりたいこととすり合わせつつ、高速でPDCAを回す。広報は準備に時間もかかるし、大変ではないですか?

そうですね(笑)。でも、それを笑って進める(笑)!笑って楽しくやる!当社には、「できる理由から始めよう」というクレドにあります。変化が早くて「え、そんなの無理!」と一瞬脳がストップしてしまうと、それで全てがストップしてしまいます。そういうとき、私は自分に「どうしたらできるかな?」と問いかけます。そうすると、客観的に自分を見ることができるようになって、その状況があまりに大変そうで、笑えてきます。みんなで大笑いして、どうやってやろうかと話をすると、アイデアが生まれてきたり、人に話を聞きにいったり、前に進む行動に変えて行くことができるのです。当社のバリュー(大切にしている価値観)に「Work Hard, play SUPER Hard」があり、何事も本気で取り組むことを大事にしています。

bizreach_tazawa_4

-田澤さんにはこれまでも何度かお会いしていて、最大の魅力は、明るく前向きな人柄で周囲を巻き込んで協力者を増やしていく「巻き込み力」にあると感じていました。このインタビューを通じ、田澤さんも「恥ずかしい」とか「ちょっと苦手だな」という気持ちと向き合ったり、「いいところを探す努力」をされていることが分かり、勇気づけられました。

人を巻き込めればどんどん広報がしやすくなる。いいところ探しが上手になればどんどんいいネタを見つけられる。結果が出やすい環境は、自分で作り出せるんですね。田澤さん、お忙しい中、ありがとうございました!

田澤さんのPRの流儀まとめ

・広報は舞台のプロデューサー、トレンドに乗ったストーリーを描いて、妄想力で舞台を具体化する。

・広報は1人では何もできない、だからこそ、広報に協力的な「全員広報」の会社をつくる。

・社内の取り組みはむしろ発信しやすい、いいところ探しを習慣化する。

・「できる理由から始める」 大変な中でもみんなで笑ってみると、物事が前に進む。

LP

Pocket